健足&シューフィット

歩く楽しみを一緒につくる

「健足づくり&シューフィット」でスキップして出かけたくなる明日へ

むくみを解決して、軽やかだけど力強い一歩を出せる靴選びを

足のトラブルを持つ人が増えています。外反母趾などの変形や偏平足、むくみ、タコ・ウオノメなどが、幼児から高齢の方まで幅広く見られ、なんと中学生の約半数に足のトラブルが見られるというデータもあります。

それらのトラブルの原因は、自分の足に合わない靴を履いているためでもあり、最近は足の計測ができる靴専門店も増えてきました。でも、足のむくみがひどく、朝と夕方で足のサイズが大きく違う人は、大きめの靴を購入するしかなく、靴購入の場だけシューフィットをしてもトラブルの解決にはつながりません。

靴選びの妨げにもなるむくみを解決しながら、自分に合った靴選びをすることが必要です。

C-laboのフットケアデザイン

C-laboサロンでは、特にむくみに効果のあるマッサージオイルを使用し、リンパケアを取り入れたフットマッサージをしています。その日の心身の体調や好みに合わせてアロマオイルを選ぶこともできます。
また、年齢や障害の有無にかかわらず、姿勢や歩行状態のチェックやアドバイスを実施。『足』・『靴』・『姿勢と歩行』のトータルなケアを提供し、“スキップして出かけたくなる未来づくり”のために、足元を作り、気持ちを引き出し、暮らしをデザインします。これが、C-laboのフットケアデザインです。

自分の足を知ることで、自分に合った靴を選ぶことができるようになります。

自分に合った靴を選ぶことができるようになると、姿勢・歩き方が変わります。
姿勢・歩き方が変わると、自信も生まれ、表情も良くなります。
自信が生まれ、表情が良くなると、周囲との関係が良くなったり、仕事が上手くいったり、様々なことが好転します。自分に合った靴を履くことで、あなたがもともと持っている力や魅力が引き出されるのです。

なぜそれが可能なのか

C-laboサロンの代表である杉田恵子は30年間理学療法士として、障害を持った方や高齢の方のリハビリテーションに従事してきました。特に、在宅でのリハビリテーションは、日々の暮らしの中で、どのように心身の力や魅力を引き出すかが中心でした。
理学療法士としての30年間の経験と確かな知識に加え、シューフィッティングの学習やリンパケアの資格取得、さらにエンパワメントコーチングのスキルを積み重ね、1人1人に寄り添ったケアと暮らしづくりをファシリテートします。

対象は

年齢や障害の有無にかかわらずどなたでも。
気になっているのに、どこに相談して良いかわからないのが足の悩み。

「靴を買うたびに靴擦れする」

「外反母趾がひどくなっていく気がする」

「足が痛くて長く歩けない」

「夕方、足がパンパンになって朝もすっきりしない」

「足が太くて恥ずかしい。スカートが履けない」

病院に行くまでもないから、ついつい我慢。

その状態が当たり前になってしまう。
それ、いつか大きなトラブルにつながる事態かもしれませんよ。

 

フットケアデザインの内容は以下の通り。

C-labo 株式会社シーラボ Contribution Customor Creative

お問い合わせ 090-6878-1430